Follow by Email

2017年7月7日金曜日

見込みのない事業からの撤退について

気が付けばイメージワークスは14期目となり スタート当初とは随分変化を遂げました。

2004年 創業時は ホームページ制作や営業に特化したコンサルティング
2005年 NTTの中期計画を読み光回線の拡販事業に参入し 一気に成長
2006年 分社化
2007年 西日本全域に支店展開 
2008年 不動産アライアンスによる通信サービス提供会社「スムネット」開始
2012年 社員数が100人を超えるが生産性は頭打ちが見えたため事業転換に動く
2013年 クラウド型名刺管理「Sansan」代理店となり初年度にトップの売上
2014年 「BaiduSIM」総代理店となり中国でSIMカードの越境EC を開始
2015年 光回線の販売を直販からパートナー展開へシフトし
      docomo ショップへ営業コンサルティング事業を開始
2015年 SIM事業をスピンオフし 「ジェイピーモバイル」を」設立
2016年 中小企業に特化した 「ESCO事業」を開始
      パートナー事業を拡大 (通信及び省エネ商材)

と 事業が成り立ったものだけでも色々やってきと感じます。

数か月でとん挫した事業は10はあると思いますが 今思い返せば絶対やるべきじゃなかった(ちゃんと考えれば勝ち目の無い勝負)も幾つもあります。

事業は作ることも大変ですが

「見込みのない事業からの撤退」

がベンチャー経営の肝だと考えています。

止めることで経営者の頭がクリアになり経営資源を新しい事にチャレンジできるようになります。

あきらめずトコトンやるのか 見込みのない事業と考え撤退するか
決めるのは判断難しいですが情熱が落ちたり、その事業に集中している経営者が一人もいない状態なら止めるほうが吉だと考えます

2017年2月22日水曜日

日本の人材戦略について

国や会社の成長に人材が欠かせない事は間違いないないですが
いよいよAIの時代となり パラダイスシフトが起こっていきます。
ゴールドマン・サックスは既にトレーダーの殆どをAIに置き換え
数十人が2人になったと先日報告しました。

社員や子供達にどの様な学びの機会を作るべきか
考えるとべきだとこの資料を見て感じました。

これだけ現状を捉え 課題を明確にし
今後何が起こるか予想した上で打つべき手を予測できる方
本当に尊敬します。
勿論この方の言っているようになるかはわからないが此処まで深く考えが及び一般の人にもわかる様に説明できる能力はとんでもなく大きな事だと思います。
私も経営者として 社員や株主、お客様に伝える事を今更ながら勉強したいと思います。

http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/shin_sangyoukouzou/pdf/013_06_00.pdf



-- iPadから送信

京都の春

先日 お茶屋さんのおかあさんより
もうおどりのチケットの予約が始まると連絡あり
春の訪れを感じました。

春の芸舞妓さんの舞台は是非一度体験して貰いたい京都の魅力の一つです。
最近はインターネット予約が出来る街が増えましたが
良い席はお茶屋さん、芸妓さん、一般の順番になりますので
各花街のホームページで時間を確認し 希望の時間に始まる
公演を選んで私にご連絡くだされば可能な範囲段取りします。

どの街も最終回はおどりの後に会食をいれる為に使われるので
沢山の枚数は難しいです。
平日の早い時間は取りやすいです。

北野をどり 3月25日〜4月7日(一日2回公演)
http://www.maiko3.com/
都をどり4月1日〜23日(一日4回公演)
http://www.miyako-odori.jp/miyako/.html
京おどり4月1日〜16日(一日3回公演)
http://www.miyagawacho.jp/kyoodori/


都をどり4月3日2回目 3枚
と入れておもらえると間違いないです

時々 街を間違って 違う街の歌舞練場に行ったり
時間間違えありますのでご注意を
あとお商売ではないので無茶は言わないでくださいね
(以前知り合いの社員さんから旅行会社の人と間違われいろいろありました 笑)

では さくら咲く京都でお待ちしております


-- iPadから送信

2017年2月11日土曜日

Toeic 280点の英語教師

今朝 新聞読んで久々に爆笑しました


府教委は9日、京都市を除く中学校の英語教員で国際的な英語能力試験「TOEIC」(990点満点)を今年度に受験した74人のうち、府教委が目標とする英検準1級に相当する「730点以上」を達成したのは16人と、約2割にとどまったと発表した。500点未満が14人おり、最低点は280点だった。
 国は次期学習指導要領で、中学の英語の授業を基本的に英語で行うことを盛り込む方向で、英検準1級程度の英語力を持つ英語教員の割合を来年度中に50%にする目標を掲げている。府教委は今年度、英検準1級以上に達していない50歳未満の中学英語教員約150人を対象に、受験料(1回4155円)を負担してTOEIC受験を促し、74人が受験した。今回、目標を達成できなかった教員には来年度に再受験させるという。
 府教委学校教育課の担当者は「がっかりする結果だった。個別の課題に対応した自習を促す。中学校教員が多忙な現状もあり、勉強できる環境づくりを学校にも求めたい」と話した。

ガッカリどころですか?

英語教師としてお給料貰うプロフェッショナルが
730点持ってなかったあかんでしょう
仕事の面接でもこれくらいは最低見られるでしょう

教える人が 500点以下とか生徒がかわいそうだし
京都だけじゃないとしたらこの国の教育に絶望してしまいますね。

280点の教師はどうやって教えているのか興味津々。

これでも立派に給与が貰えるとは、本当に不合理やね





朝日新聞より

-- iPadから送信