Follow by Email

2013年9月9日月曜日

いよいよセブへ




マニラからセブへ移動
本日、準備をおこない、明日より業務を開始します。

お世話になるJICC社オーナー千葉さんとご縁を頂き
ご指導、ご支援いただくことでスタートラインに経つことが出来ました。

「日本語で働きながら英語が学べる海外就職」

を実現し英語を学びたい若者、間接費削減に取り組む企業両方に
求められるサービスをつくります。


荒木、小森両名にご期待ください!

2013年9月4日水曜日

Sansan を選んだ理由 ②

 Sansan のユーザーとして導入メリットを書いてみます。

効率化

◎ 営業の手間を省いて 営業に集中させる
・名刺の情報全て(社名、肩書、名前、メアド、URLなど)をオペレータが代わりに入力

営業を頑張ると必然的に名刺が集まりますが、その結果お礼メール等かなり煩雑になります。
マイページから名刺選びメールマークをクリックするだけで メアド、社名、部署、肩書き、名前が自動で差し込まれます。

名刺をスキャンするだけで翌営業日中には、正確に情報を入力してくれているので
私は目が悪いのと手が遅いので本当に助かってます。
スタッフもお礼のメールや連絡数が格段に増え、商談数を増やせました。

先日、既にご利用されている エン・ジャパン社に導入メリットを検証していただき、



・名刺を外出先からでも瞬時に探せる
以前はお会いしそうな方の名刺を持ち歩いてましたが、当然限界があり、
大手企業の受付前で相手の部署を失念してしまい 取りついていただけなかったり
社内にいる事務方に名刺を捜索してもらったり不毛な時間を使っていました。
今はスマフォ、携帯から見れるので頂いた名刺を持ち歩く危険を冒すこともなくなりましたし
安心して出かけられます。
社外から名刺にアクセスできると電話やメールもワンクリックなので
どこにいても仕事が捗ります。

部下に仕事を頼む時も社名と名前を伝えれば、私の名刺から住所やメアドを探して
用事を済ませてくれるのでスムーズに仕事が出来ます。


・グーグルマップに連動しているので地図を出したり事前に調べる手間がなくなる
携帯、スマフォから直ぐにアクセスできるので地図をあらかじめ用意したり、住所をメモして出る必要がなくなります。 グーグルマップに連動しているので次の目的地へ移動する時間も手間も短借されました。


以上のように日々の営業現場で本当に活躍してくれてます。
代理店をやってなくても もう辞めれません 

参考として 先日サービスご利用企業のエン・ジャパンさんにご協力いただき
導入メリットを検証いただきましたので報告します。

◆ 営業 名刺入力 1枚5分が、5秒へ短縮   3,380枚×295秒 -276時間/月 
   企画 150~200枚/日の取り込み(名寄率93%)  1時間×20営業日 -20時間/月

◆専用アプリの活用  名刺フォルダの持出を禁止(個人情報漏えい対策)
  ニュースや日経人事情報をフックにアポイント  
 PadやiPhoneで名刺検索、地図(GPS)連携
 企 業組織ツリーでカンパニーの組織を可視化
メールボタンで社名・氏名・役職の自動挿入

以上 エン・ジャパンさんからの情報提供です。

次回はダイレクトに売上アップに繋がる使い方を報告します






2013年9月3日火曜日

可能か不可能かを見分ける方法

8月は本当に暑い中、営業活動お疲れ様でした。

最後まであきらめず走り切った仲間に心から感謝しています。
「暑い中、最後まで諦めず頑張ってくれてありがとう お疲れ様でした」


全体的には厳しい結果となりましたが、その中で目標達成したメンバーに
称賛を送りたいです。「本当に本当におめでとう!!」


結果だけを見て、一喜一憂し社員を氷解してはいけないと思いますが、
結果を残し続ける人と、惜しくも終わる人には、違いがあるのも確かです。


まだ20代前半だったころ、先輩に「出来るけどやらなかったのか、達成不可能な事なのか」
簡単にわかる方法があると教えてもらったことを何かにチャレンジして諦めかけたときに
思い出します。


方法は簡単で、条件付きでできることは可能で条件を幾らつけても出来ない事は不可能であるということです。

例えば、毎月未達に終わっている営業社員に

「もし今月目標達成できたらボーナス100万円」(ありえないですが)

ととんでもない条件を付けたらどんな行動をとるでしょうか?
いつもより早く会社に来て、うまくいっている同僚、先輩にアドバスを聞きまくって
ランチも最短で済ませ、毎日の達成まで会社に戻ってこないかもしれません


その結果、達成する可能性は非常に高いでしょう。
もしこのような条件付きで有ればできたことで達成できなかったことは

「できなかったのではなく、やらなかった」と自身を律するセルフコントロールを
身につけた人材は、周りに影響されず達成する可能性が高いです。

達成不可能な例は、空を自力で飛んだら100億円、ラーメン5分で100杯食べれたら
1000億円と条件を付けてもできないことは本当に不可能な事です。


この様な話になると「そりゃそんなに貰えたら誰でもやりますよ!でも実際貰えるわけじゃないし..」と言われるのですが



会社は一か月や一年で成果をはかりますが、人生は連続して繋がっています。

目先の評価制度のラインばかりに目が行って 今月はこれ以上やっても無駄とか
これは評価されないからやらないと判断する人物に誰が本気で関わるでしょう?」

成果を上げている人は毎月の達成が将来のキャリアや自身の成長に大きく影響するとわかっていますので、結果的に収入も選択肢も沢山持つことが出来ている事を知ってチャレンジしていこう。



どうせやるなら目線を上げ、成果に拘る姿勢を貫いてほしいです。


私もこれを書きながら経営者として本当にこれ以上出来ないのか毎日自問して
組織を自身が背中を見せて引っ張る所存です。


        今月もよろしくおねがいします