Follow by Email

2013年12月30日月曜日

2014年 グループ戦略について

2004年 4月起業し

企業理念として

「未来のニーズを創造し社会に貢献できる事業を通じて

            
          顧客と社員の幸福を永続的に追求する」


を掲げ社員共に今日まで事業を営んできました。

これまで成長をけん引してきた事業は、通信及び環境事業でありNTTのフレッツ光サービスの普及に関わり、新規顧客獲得を西日本に集中してやってきました。

2009年からは環境事業にも進出し、家庭用太陽光発電の販売施工を経て2012年から
産業用太陽光発電システムをビル、マンションの屋上に設置する事業で実績を上げております。


2014年は創業10周年の節目であり、経営環境も大きく変わっていることを受け
「イメージワークス未来会議」チームを公募し再成長に向けた中期計画及び戦略を5か月間に渡り
作って行きます。

メンバーは13名で役員、マネージャークラスだけでなく、入社2か月の25歳のスタッフも公募に対してしっかりとした動機をもって応募してきましたので参加してもらうことに決めました。

イメージワークス未来会議は、日々起こる問題や、個々の事業課題に対応するのではなく、
グループ理念や信条の見直し、長期的にイメージワークスが解決すべき社会の課題を絞り込み
日本一、世界一を目指せる事業を決め、実現するための戦略を決定します。

第一回目は2014年1月6日 京都本社にて開催します。

来期、既に事業化が決まっている「通信費節約本舗」
弊社が販社として一番の実績を出せたことにより、より強く大きな取組が決まった。
クラウド型名刺管理サービス「Sansan」サービスの顧客及び代理店サポートなど
良い材料が揃っていますので未来会議が待ち遠しいです。


2014年は、次の10年の成長のための計画、戦略作りと理念に共感し一緒に成長をしてもらえる
人材の登用に集中していきます。


2013年一緒に頑張ってくれた社員のみんな、支えてくださったお客様、お取引先様
本当に有難うございました。

良いお年をお迎えくださいませ


 




2013年12月22日日曜日

メガソーラー

12月18日 熊本のメガソーラーの工事現場と今後予定されている用地を見学してきました。
詳しい情報は出せないのですが、2MWの計画が着実に進んでいました。
初めてのメガソーラーとのことで日々問題が発生してご苦労も多いとのことでしたが、
経験豊富な工事会社がパートナーである事でクリア出来ているようです。

通常のの工事と違い、電力会社との調整が最重要課題になっています。

資金調達から売電実行までの期間が長引けばその分、金利が発生することや
資金計画が大きくずれることも予想して運転資金を十分確保する必要があると感じました。

全く違う業界からメガソーラーにチャレンジしている社長を心から尊敬し
joinできればと考えています


発電に適した素晴らしい傾斜地が広がっていました。
もともと家畜の放牧地で草原とのこと



2014年2月に系統連系し発電及び売電開始予定

パナソニック製パネル

パワコンを置く場所をセンターに設置(流石に大きい)

架台はスクリュー式を採用

2013年11月25日月曜日

誓い新たに10周年へ

この週末はエコ事業部鈴木君の結婚式と通信事業部沖縄支店の比嘉君に第一子が授かったと
喜びの電話を貰い、私もハッピーな気持ちにさせて貰い大変嬉しい週末でした。

先月も事務方の二名が結婚し、来月、再来月も結婚式に招待されていておめでたい事が続いています。

お祝いをさせてもらいながら、2000年に結婚し三年後に長男を授かったことを思い出させてもらいました。

ずっと不妊治療したうえで授かった事で天にも昇るような嬉し気持ちになったこと、20年間事業を継続し続ける事が出来るのか?立派に育てていけるかなと漠然とした不安を感じたことを今でも覚えています。


長男が一歳になる2004年4月、社会、顧客のニーズに応え続ける事で長期的な成長を続けることが出来るはずだと思い、「未来のニーズをカタチ」するイメージワークスを創業しました。
きっとやる気も能力もある人の中でこれから何を頑張って行けばよいのか分からず、くすぶっている人もきっといるはずで、社会に必要とされる事業をこれから会う仲間たちと取組み続ける事で継続も成長も可能だと信じやってきました。

創業当初は営業コンサルティングやホームページの製作販売などを行いながら、軸になる事業を模索していました。
上場企業の決算書や中期計画などを読んだり、仲間からの情報収集をする中、2005年にNTTが打ち出した中期計画2010年光ファイバー構想が目に留まり、私たちが取り組める事業の中で最も成長が期待できると考え、通信事業のセールスプロモーションに参入したのです。

あれからもうすぐ10年、通信、環境事業を主力として素晴らしい仲間と出会うことが出来ました。

20年に向け、「イメージワークス未来会議」メンバーを招集し中期計画をを4か月間かけて
練りこみます。 
来年度からは福祉事業への参入も決定していますので 情報通信、環境、福祉の三本の柱をそれぞれ成長させていきます。

社員が遣り甲斐をもって働き、家族を守れる会社になるよう腹をくくってや行きます。

「厳しいけど、成長でき自身の能力で食べていける人材になれる会社」
を作って行きます。









2013年11月6日水曜日

セブチーム 頑張ってます

荒木、小森がセブに渡って二か月経ちました。

思っていた以上にたくましく、顧客サポートと採用活動を頑張ってくれてます。

次のステップとして 自前のオフィスを開設準備しております。



二か月 顧客サポートと採用の連絡も慣れてきたようです
週に2日ある休日に3時間ずつ英会話を勉強していると
ホテルのGYMに通いだしたとのこと
毎朝出勤前の一時間の英会話レッスンと
フィリピン人友達との交流を楽しんでいる



2013年10月29日火曜日

未経験者を採用する理由

朝晩寒くなってきましたね。

京都は、これから紅葉が楽しみな季節になってきます。

私たちの会社は経験者採用をしてノウハウの獲得を図ることも戦略にありますが、基本的には未経験の若者に焦点を絞って採用を続けています。

その理由は

・今までやったことがない事に挑戦する気概を持った人物を採用し、時代のニーズに沿って変化し続ける組織にしたい
・社内に未経験者からプロに育てる育成システムを持ち続けることにより成長が担保される
・営業スキルは高いが、過去の成功体験や以前の常識にとらわれている人に我々の価値観を伝えるより、経験は無いが、理念やビジョンに共感し新しいことにチャレンジしたい人物に知識やノウハウを教える方が簡単であり伸びる
・マーケティングやセールスを通じて人を育てることも目的の一つとしている

新卒採用は勿論、中途採用で今まで入ってきたメンバーでバリバリの営業会社からの
転職はおそらくゼロで過去に営業やってた人が2.3割 
同業からの転籍はほぼゼロで工場勤務、美容師、プラモデル屋、運送業いろんな職種から転職されています。
面白いのは、誰が成果を上げるのかを面接だけで判断することは非常に難しい事です。

今、福岡の責任者をしている畑は元美容師で入ってきたときはいつ辞めるか心配なくらい
やさしいがメンタルの弱い印象でしたが、実は目標意識が非常に高く、いつの間にかエースになり
マネージメントにも関わるようになりました。

また、昨年入ってくれた京都の川崎は元プラモデル屋さんのアルバイトをしていましたが、
30歳近くになり結婚を意識して正社員で働くために応募してくれました。
最終面接のときの印象は正直「営業は厳しい」と思い採用を躊躇していましたが、
現場責任者が育ててみたいとの進言があり採用しました。
結果は、私の心配の反対となり入社後ずっと目標達成を続け、今ではトップ営業マンです。


このように 殆どのスタッフが未経験からプロのコンサルティング営業スタッフになっていく過程が
私にとっての楽しみにの一つになっています。

2014年4月に10周年を迎える今、第二創業を一緒にしてくれる新しい仲間を採用したいと強く望んでいます。
未経験からプロフェッショナル営業を目指したい方がおられたら是非門をたたいてください。

前向きな若者に会えるのを楽しみにしています。






2013年10月4日金曜日

4冠を達成のご報告

昨日、Sansan 本社にて 第一回リセラーMTGが行われました。


その際、イメージワークスが

2013.6月から9月までの実績で

・総売上金額
・単月最高売上
・総導入社数
・単月導入社数

全てでTOPであることが発表され挨拶をさせていただきました。


これも一重にお客様並びにパートナー様のお蔭です。
心から御礼申し上げます!

Sansanチームに所属する社員もコンサルタントとして育ってまいりましたので
もっともっとお役に立てるよう勉強してまいります。



事業部長で常務の富岡氏がSansan始まって以来のチャレンジングな
目標を掲げておられることに我々も賛同し、10月もお客様の課題解決を
一番多く解決することで当たり前のようにトップを取らせていただきます。


                          
 

2013年9月9日月曜日

いよいよセブへ




マニラからセブへ移動
本日、準備をおこない、明日より業務を開始します。

お世話になるJICC社オーナー千葉さんとご縁を頂き
ご指導、ご支援いただくことでスタートラインに経つことが出来ました。

「日本語で働きながら英語が学べる海外就職」

を実現し英語を学びたい若者、間接費削減に取り組む企業両方に
求められるサービスをつくります。


荒木、小森両名にご期待ください!

2013年9月4日水曜日

Sansan を選んだ理由 ②

 Sansan のユーザーとして導入メリットを書いてみます。

効率化

◎ 営業の手間を省いて 営業に集中させる
・名刺の情報全て(社名、肩書、名前、メアド、URLなど)をオペレータが代わりに入力

営業を頑張ると必然的に名刺が集まりますが、その結果お礼メール等かなり煩雑になります。
マイページから名刺選びメールマークをクリックするだけで メアド、社名、部署、肩書き、名前が自動で差し込まれます。

名刺をスキャンするだけで翌営業日中には、正確に情報を入力してくれているので
私は目が悪いのと手が遅いので本当に助かってます。
スタッフもお礼のメールや連絡数が格段に増え、商談数を増やせました。

先日、既にご利用されている エン・ジャパン社に導入メリットを検証していただき、



・名刺を外出先からでも瞬時に探せる
以前はお会いしそうな方の名刺を持ち歩いてましたが、当然限界があり、
大手企業の受付前で相手の部署を失念してしまい 取りついていただけなかったり
社内にいる事務方に名刺を捜索してもらったり不毛な時間を使っていました。
今はスマフォ、携帯から見れるので頂いた名刺を持ち歩く危険を冒すこともなくなりましたし
安心して出かけられます。
社外から名刺にアクセスできると電話やメールもワンクリックなので
どこにいても仕事が捗ります。

部下に仕事を頼む時も社名と名前を伝えれば、私の名刺から住所やメアドを探して
用事を済ませてくれるのでスムーズに仕事が出来ます。


・グーグルマップに連動しているので地図を出したり事前に調べる手間がなくなる
携帯、スマフォから直ぐにアクセスできるので地図をあらかじめ用意したり、住所をメモして出る必要がなくなります。 グーグルマップに連動しているので次の目的地へ移動する時間も手間も短借されました。


以上のように日々の営業現場で本当に活躍してくれてます。
代理店をやってなくても もう辞めれません 

参考として 先日サービスご利用企業のエン・ジャパンさんにご協力いただき
導入メリットを検証いただきましたので報告します。

◆ 営業 名刺入力 1枚5分が、5秒へ短縮   3,380枚×295秒 -276時間/月 
   企画 150~200枚/日の取り込み(名寄率93%)  1時間×20営業日 -20時間/月

◆専用アプリの活用  名刺フォルダの持出を禁止(個人情報漏えい対策)
  ニュースや日経人事情報をフックにアポイント  
 PadやiPhoneで名刺検索、地図(GPS)連携
 企 業組織ツリーでカンパニーの組織を可視化
メールボタンで社名・氏名・役職の自動挿入

以上 エン・ジャパンさんからの情報提供です。

次回はダイレクトに売上アップに繋がる使い方を報告します






2013年9月3日火曜日

可能か不可能かを見分ける方法

8月は本当に暑い中、営業活動お疲れ様でした。

最後まであきらめず走り切った仲間に心から感謝しています。
「暑い中、最後まで諦めず頑張ってくれてありがとう お疲れ様でした」


全体的には厳しい結果となりましたが、その中で目標達成したメンバーに
称賛を送りたいです。「本当に本当におめでとう!!」


結果だけを見て、一喜一憂し社員を氷解してはいけないと思いますが、
結果を残し続ける人と、惜しくも終わる人には、違いがあるのも確かです。


まだ20代前半だったころ、先輩に「出来るけどやらなかったのか、達成不可能な事なのか」
簡単にわかる方法があると教えてもらったことを何かにチャレンジして諦めかけたときに
思い出します。


方法は簡単で、条件付きでできることは可能で条件を幾らつけても出来ない事は不可能であるということです。

例えば、毎月未達に終わっている営業社員に

「もし今月目標達成できたらボーナス100万円」(ありえないですが)

ととんでもない条件を付けたらどんな行動をとるでしょうか?
いつもより早く会社に来て、うまくいっている同僚、先輩にアドバスを聞きまくって
ランチも最短で済ませ、毎日の達成まで会社に戻ってこないかもしれません


その結果、達成する可能性は非常に高いでしょう。
もしこのような条件付きで有ればできたことで達成できなかったことは

「できなかったのではなく、やらなかった」と自身を律するセルフコントロールを
身につけた人材は、周りに影響されず達成する可能性が高いです。

達成不可能な例は、空を自力で飛んだら100億円、ラーメン5分で100杯食べれたら
1000億円と条件を付けてもできないことは本当に不可能な事です。


この様な話になると「そりゃそんなに貰えたら誰でもやりますよ!でも実際貰えるわけじゃないし..」と言われるのですが



会社は一か月や一年で成果をはかりますが、人生は連続して繋がっています。

目先の評価制度のラインばかりに目が行って 今月はこれ以上やっても無駄とか
これは評価されないからやらないと判断する人物に誰が本気で関わるでしょう?」

成果を上げている人は毎月の達成が将来のキャリアや自身の成長に大きく影響するとわかっていますので、結果的に収入も選択肢も沢山持つことが出来ている事を知ってチャレンジしていこう。



どうせやるなら目線を上げ、成果に拘る姿勢を貫いてほしいです。


私もこれを書きながら経営者として本当にこれ以上出来ないのか毎日自問して
組織を自身が背中を見せて引っ張る所存です。


        今月もよろしくおねがいします






2013年8月17日土曜日

ビジネスの出会いを資産に変え、働き方を革新する


お盆三日間は、ガンダムミュージアム、ディズニシーに家族で行ってきました。

想像以上の人、暑さによって修行させてもらい少し我慢強くなったような気がします。(笑)

昨晩の京都は五山の送り火で先祖をお見送りしながら、生かされる事に改めて感謝するとともに

精一杯自身の役目を果たそうと誓いました。



さていよいよ19日月曜日より

「ビジネスの出会いを資産に変え、働き方を革新する」 ビジネスセミナーを開催します

属人的な名刺管理をやめ組織営業へ転換し収益を向上されたい社長様、営業部長様にご参

加頂きたいです。

サービス導入だけでなく、リセラーとしてご協業頂ける企業様も募集しておりますので

ご参加お待ちしております。


   8月セミナースケジュール 

      19日 福岡
      20日 広島
      21日 大阪
      22日 京都
      23日 名古屋
      27日 東京

   詳細はこちらをご覧ください
   http://i-w.co.jp/seminar/ 

Sansan のTVCMが東京中心に本格化し 説明会への参加希望も増えてまいりまいりましたので
ご興味ある方はお早めにフォームより席の確保をお願いします。

各地で待っていただいている皆さん! 宜しくお願いします。

暑い日が続きますのでご自愛くださいませ!



2013年8月2日金曜日

Sansan 初 TV CM おめでとうさんです!


関西が4日から、関東、東海も中旬から放送されます!



Sansan 初TVCMはこちら


絶対ありそうなシーンで面白いですね。
8月はCM効果で、サービス申込み、代理店希望が激増が予想されますので
お早めに情報キャッチをお勧めします!

▽8月5日 京都

サービス説明会

代理店募集説明会


▽8月6日 福岡 
サービス説明会

代理店募集説明会


▽8月7日 広島
サービス説明会

代理店募集説明会


▽8月8日 大阪 
サービス説明会

代理店募集説明会


▽8月9日 名古屋 
サービス説明会 

代理店募集説明会


東京は27日で調整していますので
しばらくお待ちください!

2013年8月1日木曜日

Sansan TVCM と説明会開催について

関東、東海、関西エリアにてSansan TVコマーシャルが始まります。
(内容や詳しい日程は、契約の関係で今日教えていただけるそうです)

そこで 8月もサービス説明会、代理店募集説明会を行いますので
是非、ご参加及びご紹介の程、宜しくお願いします。



▽8月5日 京都
サービス説明会 13:00-14:30
http://i-w.co.jp/linkknowledge/lp/briefing/service_130805.html
代理店募集説明会 15:00-17:00
http://i-w.co.jp/linkknowledge/lp/briefing/distributor_130805.html

▽8月6日 福岡
サービス説明会 13:00-14:30
http://i-w.co.jp/linkknowledge/lp/briefing/service_130806.html
代理店募集説明会 15:00-17:00
http://i-w.co.jp/linkknowledge/lp/briefing/distributor_130806.html

▽8月7日 広島
サービス説明会 13:00-14:30
http://i-w.co.jp/linkknowledge/lp/briefing/service_130807.html
代理店募集説明会 15:00-17:00
http://i-w.co.jp/linkknowledge/lp/briefing/distributor_130807.html

▽8月8日 大阪
サービス説明会 13:00-14:30
http://i-w.co.jp/linkknowledge/lp/briefing/service_130808.html
代理店募集説明会 15:00-17:00
http://i-w.co.jp/linkknowledge/lp/briefing/distributor_130808.html

▽8月9日 名古屋
サービス説明会 13:00-14:30
http://i-w.co.jp/linkknowledge/lp/briefing/service_130809.html
代理店募集説明会 15:00-17:00
http://i-w.co.jp/linkknowledge/lp/briefing/distributor_130809.html

東京は27日に開催予定です。
お江戸の皆様 良い場所があれば教えてくださいませ!


サービス説明会
 「組織に眠っている名刺を活用して売り上げをUPする方法」 「出会いの証である名刺から継続したお付き合いに変える方法」 などのサービスの活用とデモンストレーションを見ていただけます。

代理店説明会
 サービス説明会の内容+リセラーとしてのメリット説明や個別に相談する時間を設けています。
当日は、Sansan からは代理店部門責任者がこられますので専門的なご質問もしていただけます。

全ての会に
お忙しいところ大変恐縮ですが よろしくお願いいたします。





2013年7月24日水曜日

京都流議定書2013 に参加して

7月21日、22日と京都流議定書2013に参加させていただきました。

今年で6回目になる京都流議定書は、ウエダ本社さんが事務局を務められるなど実質主催されており、京都市が協賛する形で開催されています。
ハイアットリージェンシー京都のカンファレンスルームを三日間貸し切って
京都府知事、京都市長、企業の経営者、社会起業家、識者など様々な方々が

日本の縮図ともいえる京都を研究し、その資産を分析し、強みを再認識する事を目的に

六年前から毎年行われています。

私は今年で二度目の参加で2日目の午後、三日目の午後からの参加をさせていただきました。

二日目の午後はアイエスエフネット株式会社の渡邊社長のお話を初めてきかせていただき、
2800名の社員さんに1000人近い重度のハンデキャップを持たれている方を雇用し、
黒字経営をされていることを聞いて本当に驚きましたし、目標に対して人員を揃えるのではなく、
まず意欲のある人を採用してその人に合った仕事を創ることでこのような成長をして来られたことで自身の持っている常識をはるかに超える経営をされておられました。

更に驚いたことは、夜20時半に寝て夜中の2時半に起床されて 経営課題や新しいアイディアを未来ノート(渡邊社長の著書参照)  を20年間近く毎日書き続けられているとのこと

夜寝る前に課題を認識することで、朝に沢山のアイディア、解決化策が出てくるとのことで私自身もジョギングしながらアイディアをメモしたりしますが、全く違う次元で経営に向き合われている姿に衝撃受けると同時に反省しました。

私も真似をさせていただき、経営者としてビジョンを考えたり、経営課題に向き合う時間を毎日決まった時間、1日のスタートに持つことを始めます。


3日目は社会起業家や大学の先生方との交流をさせていただき、私たちが普段接する経営者とは違う視点で、社会に貢献する考え方を学ばせていただきました。
新事業について色々な意見を頂け大変参考になりました。


最後にこの様な意義のあるイベントをお休みを返上してホスピタリティー溢れるおもてなしを
頂きました ウエダ本社社員様、岡村社長に心から感謝しております。

ありがとうございました。







2013年7月13日土曜日

Sansan を選んだ理由 ①




イメージワークスを起業して10年、起業して20年経ち色々な事業に取り組んできていますが
一貫してるのは、「未来のニーズをカタチに」をテーマに社会や顧客が喜んでもらえるサービス、販売する側が自信を持って伝えらえるかどうかを大切にしていることです。

次の成長の為にどのようなサービスを社会、顧客に提供して行くべきか、自社で開発、
他社のサービス問わず常に研究しているつもりです。

その中で、「Sansan」 社とご縁をいただきました。
実は昨年よりこちらのサービスが素晴らしい競争力がありながら、あまり積極的に営業されていないことを掴んでいましたので協業のチャンスを伺っていました。

同社とサービスに魅力を感じた理由ですが


○経営者として名刺管理そのもので非常に困っていた。
(得意先の受付で相手の部署がわからないことや、連絡を取りたいのに名刺がみつからない)

○営業社員が獲得した名刺が有効に利用できていない問題意識をもっていた。
(営業に沢山人員、コストを掛けているのに眠っている名刺には何もアプローチしていない)

○営業が属人的になりすぎた際に離職者が出た場合のリスク管理を考えていた
(担当だけでなく、普段から組織として顧客と接点を持つ必要があると感じていた)

など私自身の中で名刺や顧客管理、社内の連携にもやもや感がありました。



その時にフェイスブック内で Sansanの広告を見て思わずクリックしたのが最初の出会いです。











2013年7月10日水曜日

福岡、大阪で販売パートナーを募集 (ご紹介も合わせておたのもうします)

いよいよ来週からリンクナレッジ代理店募集の為に西日本をベンダーであるSansan株式会社の営業部長、代理店統括の両名と一緒に廻ります。
地域密着で事業をされている経営者とタッグを組み 販売戦略を立てていきます。


サービス提供会社 sansan 株式会社  http://www.sansan.com/
サービス名    リンクナレッジ  http://www.linkknowledge.net/



17日は博多(博多駅前)、18日は大阪(ハービス大阪)で募集説明会を行いますので
ご興味のある経営者、営業部の方にお越しいただきたいです。


募集の背景  リンクナレッジのサービス優位性が確立されたこのタイミングで
         テレビCMなどを使い需要の喚起及び知名度向上を図っていく準備として
         外部への販売網の構築を行います。
         弊社は西日本に特化したマーケティング会社ですので
         代理店開拓、育成、フォローを同社と一緒に行う運びとなりました。

         業種・規模は問いませんが同社のブランドイメージを一緒に高めていただける
         地域根ざした法人様(個人の方もご紹介制度があります)とのご縁を求めておりま          す。
         
代理店メリット
         B to Bの名刺管理サービスで シェア72%でありながらまだ、千数百社しか導入さ          れていないので市場開拓が全くできていない状態ですので理想的なタイミングで販          売が可能です。
         手数料収入ではなく、代理店が収納しますので継続収益になります。
         費用対効果が非常に高いため、昨年のサービス解約率は0.5%です。
         顧客へのサポートは、Sansan 社より専任のコンサルタントが一年間無償でつきます         ので手離れが非常に良い
         潜在的な需要がある新商材ですので興味を持っていただくことが非常に簡単です。
         既存商材のフック商材としても非常に有効です。リンクナレッジでご契約をいただい         た顧客に今お持ちのサービスを販売することができます。

          
会場の関係で先着20社となっておりますので下記募集ベージより
お早めにお申し込みくださいませ。

7月17日 博多会場 http://linkknowledge.imageworks-partner.com/fukuoka/
  18日 大阪会場 http://linkknowledge.imageworks-partner.com/osaka/



ご友人の紹介も重ねてお願いたします!



今からお江戸へ参ります!




 




2013年7月8日月曜日

白内障手術

今朝は眼科にきてます。
10年以上前に 右目を白内障手術してもらい眼内レンズが入っているのですが
いよいよ左目も曇ってきたので手術を検討しています。

ここで悩ましいのが昔のレンズは収縮しないため遠くしか見えないので右目が遠視になっているのですが、技術革新で今の眼内レンズは近くが見えるとのこと。

だったら前のレンズも変えて両方 遠近両方見れたらどんなに楽になるかと思うのですが、リスクもあるらしいので今日は偉い先生と面談してどうするか決めることにしています。

コンタクトレンズもつけずに遠くも近くも見れる生活を送れたらどんなに便利だろうと思うと
早く手術をしたいです。

2013年7月4日木曜日

業務提携のご報告

 この度、三三株式会社と販売代理店契約を締結いたしました。
三三株式会社は営業を強くする事を目的としたクラウド名刺管理サービス「リンクナレッジ」2007年から提供し、現在B to B 名刺管理におけるシェアは72%と圧倒的な支持を受けています。


調査会社マクロミルによると100枚交換した名刺のうち記号が活用できている枚数は平均6.5%との結果が出ているそうです。
つまり企業は費用を投入し獲得した93.5%にはアプローチしないまま 全くご縁の無いホワイトリストを取りに投資を続けていることになります。

私自身この事実を聞き自身に当てはめ考えましたが、1%も活用できていないように感じ大きな問題意識を持ちました。

机の中に眠っている名刺を資産に変えるべく同社は7年前より名刺活用だけに焦点をあて営業が強くなる名刺管理サービス創り上げてこられ既に1500社近い企業に導入されています。



リンクナレッジが支持されているポイントは非常にたくさんありますが、


経営者側から見ると会社の資産である名刺を100%正確かつ網羅的にデータベース化できることにより、一瞬の出会いを長期的なお付き合いに繋げることが可能となります。
また、社内の人脈共有を時間や手間を使わずに可能となり、営業効率の向上は勿論、引き継ぎも非常に簡単になります。



社員さんから見ると前日に名刺交換をした方へのお礼メールを作成する際にメールアドレスや宛名を書く手間がなくなるため、営業に掛ける時間を増やすことが出来ます。
(異業種交流会や展示会後の連絡は本当に大変ですよね。)

また、社内の誰が営業先のキーマンと繋がっているのかを外出先からでも確認できるため、培ってきた信用、人脈を活用した組織営業が可能となります。

プレゼンしていて驚かれるポイントとしては、社員さん一人ひとりのマイページには、その方が名刺交換した会社のニュースだけを表示したり、朝一番にメールで届けてくれることです。
きっと出来る営業マンは自身で日経新聞や地元の新聞から顧客に関係する情報を取っていると思われますが、その時間を大幅に巻き取ることが可能となりますし、やってなかった営業マンをストレッチする効果が期待できます。



 以上のように名刺を管理するだけではなく、一瞬の出会いを継続したお付き合いに変えるツールを世界で初めて作り、その事業だけを7年間も愚直に突き詰めて来れられていることが、今日の評価に繋がっていると感じました。

 昨年にこちらのサービスを広めたいと考えアプローチをしておりましたが、昨年はパートナー制度がなかったためご縁をいただけませんでしたが、私たちがが西日本全域に オフィスを持っている事や、ご縁があったことなどから西日本の代理店募集まで任せていただく関係になっております。

最後にこちらのサービスの解約率は昨年0.5%だったらしくシェアだけでなく、顧客満足度も圧倒的だと思います。私も活用しだして優秀なアシスタントを採用したような気分になっております。

責任をもってこのサービスを普及してまいりますのでご賛同の程、宜しくお願いします





CEBU の写真











2013年4月26日金曜日

評価制度について

5月1日で10期目を迎える現在、より公平で分かりやすい評価制度にするために

伸びている会社はどうしているのかを研究しています。


昨日も創業10年で社員が250人まで成長している会社を商談を兼ねて
尋ねましたが、大半の時間を評価や昇格、降格の基準、タイミングについて
理由とともに教えてもらいました。

私の知る限り、伸びている会社の制度の特徴

1.  シンプルかつ分かりやすい
2.昇給、昇格、降格の基準が明確
3.運用が厳格

それぞれの企業で特徴はいろいろありますが、シンプルかつ分かりやすいです。

昨日教えていただいて素晴らしいと感じたのは、給料は実績でシンプルに評価、
昇格、降格についてもミドルマネージャーまでは一定期間達成、未達成で判断し
厳格に運用するので非常にわかりやすい一方で

昇格基準を満たしても半年以内に一度でも遅刻や言動に問題などがあれば
見送りにして 本人に理由を告げるとのことで実績だけでなく部下を見れる人格でなけば
ポジションは取れないように運用されています。

降格基準に該当する人には一か月前に本人に告知はするが、実際に降格したひとへは
最大限配慮し全体告知などは行わず、毎月発行する組織図を全支店に送付することで
分かるようにしているとのことでした。

昇格者は月初に発表され祝福されるのは言うまでもありません。


我々も上を目指せる、目指したい組織にしようと改めて感じた学びの大きい一日でした。
今日も2社 素晴らしい会社に訪問しますので厚かましくも教えてもらってきます。





2013年4月17日水曜日

感謝、感謝

本日、おかげさまで40歳の誕生日を元気に迎える事ができました。
皆さんに支えられやって来れました 本当に有難うございます!

また、メールに電話、メッセージで沢山の御祝い 励ましを頂きまして
とっても嬉しいです。


まさかの40歳についになった節目に色々思い出し
元気に産み育ててくれた両親に感謝の気持ちを伝えたいです。
父は中学生の時に生き別れて亡くなるまで会えなかったので、仏壇に向かってお礼を言おうとおもいます。

嫁さん、息子の存在が頑張りの源泉であり家族の大切さ有難さに改めて
「有難い」と感じています。
毎日当たり前に会話をしているけど、みんなが健康で楽しく一緒に入れる日には
限りがあることなので精いっぱい楽しみます。


二十歳過ぎから自営業になって約20年間ビジネスを続けてこられたのは、
友人やビジネスパートナーとの運命的な出会い、励ましやありえない幸運に恵まれたことだと
感じています。

そしてイメージワークスに縁あって入社してくれて毎日、会社の未来を信じ一緒に頑張ってくれる
社員の皆に支えられ家族を守り、将来への夢を見る事もできてます。
「本当にありがとうございます。 感謝、感謝です。」


まだまだ40歳、これからイメージワークスグループを成長に導く経営者として
精進していきます。


ご支援、ご指導お願いしたします!


                                          澤田賢二


2013年3月26日火曜日

新卒者研修

昨晩、旅から戻ったら桜がもう咲いているのに驚きました。
京都のこの季節が大好きでなるべくこの時期は、沢山見て回りたいです。


その櫻咲く中、本日より今年春入社の新入社員に対して研修を行います。


採用チームや内勤スタッフの頑張りで一年以上かけてフォローした結果が今日の研修なので
本当に嬉しいと同時に会社や彼らの将来をかけてたスタートの日なので非常に緊張します。
今朝は四時半ごろには目が覚めてしまいました。(笑)


新卒、中途採用含め未経験から営業のプロに育てることで、会社の理念や方向性を
理解した仲間で会社を作って行く事を目指しています。


最近の採用現場で感じるのは、若者のニーズとして数字に追われる仕事より、
コンサルや人事などの部署につきたいと希望を出す人が多いように感じます。
忙しくして稼ぐより、自分のペースでストレスが少ないと思われる仕事でボチボチ
の方が良さそうという幻想(実際にはどの仕事も厳しい)かもしれませんが・・
確かに営業職はメンタル面、体力面ともに厳しいです。(きっぱり)
そのため、ニーズが高いのに人気がありません。


私たちの方針は、社員の暮らしを守るということは、何があっても必要とされる人材に育成するしかないと考えており、営業、販売のプロとして活躍し、将来スペシャリスト、マネージメントで成功できる人材を実践において育てていきます。
全員が業界未経験から、知識や技術を学び、目標を達成する、決めたことをやりきる人材になることで自身や家族、組織を守れる人材になれます。


もう一つ大切なことは、未来のニーズは変化しますから、ニーズを受け入れ対応できることも非常に重要です。一つの商材で成功したことで他のことに取り組めなくなることが良くあるのですが、
変化の速いこの時代では、商品、サービスの寿命は短くなっており これから求められるサービスや商品を顧客の代わりに勉強し、最も喜ばれる形で提供できれば営業で困ることはないからです。


こうした努力がお客さんに喜んでもらえ、成果としてはっきりわかることがセールスマーケティングの楽しい所です。


これから仕事を選ぶ人も厳しい世界な分得られるものは非常に大きいので
何か感じたら是非チャレンジしてください。

お待ちしています。






2013年3月8日金曜日

イノベーションについて

やっと春らしい先日、先輩のお誘いで一橋大学イノベーション研究センター
 米倉誠一郎先生の講演に参加させてもらいました。


講演の内容は 過去二十年で日本の一人当たりのGDPが3位から17位に後退したこと
から始まり、テレビや携帯市場で韓国企業にこれだけの差がついてしまっているのかを
つかみやすい数字を交えて教えてもらいました。


日本のメーカーが日本仕様にこだわり、世界で負けるのは日本は経済大国であるために
他の国に行かなくても十分な利益を見込めるからであることは知られている話だが、
その結果どれ位サムスンとシャープに差がついているのかは数字では掴んでいなかったので
正直驚きました。

ざっくり サムスン2億題に対して シャープ800万台程度とのこと
テレビや携帯電話は沢山作るほど生産コストが下がるため競争力が高まり 追従できないレベルになったことでサムスンが続けてきたグローバルに展開しシェアを抑えることこのこの産業での定石であり、成功要因であることがよく理解できました。




「馬車を何台繋いでも機関車にはならない」

この言葉をどうとらえるか?

我々は日々生産性を高める会議を重ねているが、どうしても過去の実績や経験に
照らし合わせて物事を考えるため全く知らない人が見れば大きな改善余地があるケースであっても当事者は気付かないことがよくある。

イノベーションを起こすには

1.新しい製品の導入
2.新しい生産方式
3.新しい市場の創造
4.新しい原材料
5.新しい組織の導入

が考えられ、新しい市場の創造には「女子会」や「JIN](眼鏡をかけない人に眼鏡を売る)
のお話をされ、新し組織の導入には随分古いが タケダが「プラッシー」というドリンクを
酒屋に卸そうとしたが、既にライバル会社 三ツ矢やキリンに抑えられていたため
米屋に狙いを定めて販売網を構築したお話をされた。


そしてイノベーションを起こすには 「創発的破壊」が必要であり、
そのために必要なのはカリスマではなく、目の前にある情報を処理できるプロフェッショナル
であると。

松下幸之助さんが
「3%のコスト削減は出来ないが30%なら出来る」
と言われた事に触れ

工夫や調整ではなく、「創発的破壊」こそ 組織にイノベーションを起こせると
教えてくださいました。

今回の公演で
主力事業に代わる、新事業を立ち上げることもイノベーションであるが
既存事業にも過去の成功体験を捨てることでイノベーションを起こす余地が
あることを発見しました。

来期の計画を進める今こそ 社員の知恵と情熱で未来を創造していきます。


最後に先生はこれからは当然、海外に目を向けないわけにはいかない、中小企業であっても外側に目を向けることは必ずやるべきだと思う一方、日本は依然経済大国であり消費だけで300兆円もあるので無視しないで取りに行くべきであるとも述べられました。



最後に米倉先生、ご招待してくださったEOの皆様 鈴鹿さん
ありがとうございました。







2013年2月11日月曜日

やってから考えるときもある

おはようございます

今朝はクラクションで目を覚ましました。
マニラの気候は今が一番過ごしやすく感じます。気温も湿度も上がりすぎず仕事がはかどります。

現在、セブ島でのBPO事業の準備を進めており、本日は弁護士と会社設立に向けた打ち合わせを行います.

今回の出張の目的は、事業計画作成のための材料を揃えることで
オフィスに関わる機材やネットワーク関連の費用や必要時間
日本人スタッフが働くための準備、寮やVISAなどに関して手続きや準備する事柄を整理ます。

この一年間で得た人脈をフルに使わせていただき、早期の事業化を実現します。

通常、ゴールから逆算して始めるのが経営のセオリーですが、今回の海外BPOはニーズや集まる人材によってコア事業がきまるのでまずは小さく始めてから展開決めていきます。

「日本語ではたらける海外就職」によって将来グローバル人材を目指す若者の一つの選択肢になればと考えています。

ご期待ください。


中国は春節なのでマニラでも
このようなお祝いムード

ここSM(シューマート)は日本のイオンのような大型ショッピングモール




2013年2月10日日曜日

人間成長宣言

昨日、エン・ジャパン社が推進している 「人間成長宣言」に署名しました。

                     「人間成長宣言」

日本経済の発展のため、「強い新卒社員の育成」を使命に
相互扶助・責任をもって取組企業による共同宣言

                      「人間成長」® 

ビジネスを自らの成長ステージと捉え、心技一体のプロとして心物両面で豊かになること


                         宣言内容

1.経営者自らが説明会に参加する

2.入社後、比較的早い段階からチャレンジングで困難な仕事を与え、
  多少の失敗も大目に見る

3.経営者並びに経営幹部が3年間、3か月毎に意見を聞く場を設ける。

4.採用後三年以内に会社都合による退職が発生した場合、
  共同で中途入社の機会を提供する。

5.以上を遵守するために、エン・ジャパンの株式会社の関与・助言を受け、
  同社と新卒社会人が直接連絡を取り合うことを認める。



以上の共同宣言に心から賛同したしましたのでサインさせていただきました。

 尊敬する越智会長より以前からお話しくださっていた内容がこの共同宣言になっていたので
自然に理解できましたのでイメージワークスもお仲間に入れていただきました。
越智会長とご縁を頂いて5年近くいになりますが、その間沢山の気付き、アドバイスを頂きました特に経営者の驕りからくる偽善的な行動を戒めるお言葉は今の経営に活かされています。

 共同宣言に参画したことで新卒社員の成長を促すことをもっと真剣に取り組む機会にします。

 本当にありがとうございました。


エン・ジャパン越智会長

2013年1月29日火曜日

日本語で働ける海外就職

現在、2014年卒業者向け会社説明会、選考を行っています。


沢山ある会社の中から、私達の会社を見つけ説明会や会社に来ていただき本当にうれしいです。
2014年4月はイメージワークス10周年を迎えるタイミングであり、新卒社員も5期目となります。


本年より、海外BPO事業を立ち上げるに当たり例年通りの国内での募集と
セブで作る新会社に就職し、直接セブで選択もして貰えるようになりました。
海外BPOを行う狙いは社会のニーズに応えられ、我々も成長できると考えているからです。

学生ニーズ

日本経済が縮小し続ける中、内向きといわれ続けた学生の意識も随分変わり、
海外で働いてみたい、グローバル人材になるべく語学の習得をしたいなどのニーズを強く感じます。
留学して、グローバル企業に勤めることで海外での生活、実務経験を積めれば本当に素晴らしいですね。(やり直せるなら是非そうしたいです)


 しかし、学生時代に経済的な問題などの理由で十分に語学習得が出来ていない場合、
就職してから再度学びなおすことになりますが いざ就職してみると新社会人として学ぶべきことは膨大でなかなか休暇をとって語学習得などは、弊社も含め難しいのが現状です。
(学生時代はお金、社会人は時間がないのです)


そこで、日本語で働きながら英語を学べる環境を用意ばきっとニーズがあると思い
既にフィリピンのセブ英語学校を経営されている先輩に協力を頂き、事業を開始することが
可能となりました。
勿論メリットだけではなく、お給料は日本よりもずっと安くなりますので
向こうの物価を考慮しても楽ではないと思います。

興味のある方は説明会や面談を通じて、業務や条件面得られる経験などをしっかり吟味して
決めていただきたいです。
(お給料面より、得られる経験、語学習得のメリットが優先の方にピッタリです)




企業ニーズ

経済が成長せずデフレが続いていることは企業の収益にも大きな影響を与えており、
売上を上げ続ける事は非常に難しくなっています。
そこで業務の一部をアウトソーシングすることで、費用の低減に取り組んでおられます。
しかし、海外へのアウトソーシングに抵抗を持たれている会社も多くあります。
日本語が堪能な現地スタッフで対応できることもあるのですが、顧客との接点などでは
日本人スタッフでの対応が求めらるケースが多いです。
もし今より同水準のサービスを低いコストでアウトソーシングが可能であれば
ニーズは大きいと考えています。 教育面など課題はありますが期待に沿えるサービスを
作っていきます。



弊社のニーズ

イメージワークスグループは通信、環境事業に軸足をおき、「時代のニーズをカタチに」することで
成長してきました。

もう一つの収益の柱、コスト削減、優秀な人材の採用、育成を期待しこの事業を立ち上げる決意をしました。


ニーズを先読みし「お客様の半歩先」に勉強して顧客が求めるサービスを提供し続けることが弊社にとって重要となっており、人材の採用、育成が肝になっています。

既に弊社で働く社員のキャリア形成、モチベーション向上、優秀な人材の確保にとって非常に需要であり、会社の付加価値になると期待しています。


勿論、通信事業、スムネット、WS事業、マンション太陽光事業もこれまで以上にしっかりやっていきます。
お客様に喜んでいただきながら社員が成長し利益になるようしっかりやっていきます。




2013年1月23日水曜日

売電価格引き下げ報道について

先日 再生エネルギー買取価格が来年度も同じ価格で検討している旨の記事を載せましたが
昨日、設置コストが低下していること理由に値下げを検討すると報道が出ました。

数日間で大幅に上がっていた太陽光関連の株もずいぶん売られ来年度の太陽光普及にはマイナスと受け止められています。

3月末までに電力会社に売電申請をすれば工事が来期になっても42円の買取りが20年間されますので導入希望の方は早々に申請をする必要があります。

全て間に合うか確証はありませんが駆け込み需要で殺到する可能性がありますので
早々にご判断されることをお勧めします。





2013年1月18日金曜日

社員からの提案

小雪がちらつく京都から最近とても嬉しい気持ちになったことを書きたいと思います。



来年度に向け、新全ての社員を対象に新事業及び業務改善の募集を行っています。

目的は、目標達成に繋がる戦略を導くことです。

その為に顧客や競合会社の情報を持つ社員と経営者の考えを合わせて最適な手段を考えていきます。

これまでも営業職を中心に何度か改善提案などを受けて受けていましたが、今回は事務方まで含めて公募しておりどんな提案が上がってくるのか期待が膨らみます。


そんな中、第一号の提案はなんと事務方の女性スタッフからの新事業提案でした。
どうしても営業中心に会社が動く中、初めての人からのアイディアに驚きとともに
本当にうれしかったです。


生産性や職場環境向上に繋がる改善をやり続ける仕組みを作る第一歩なので
来月行う社内アンケートと共に活用していきます。







2013年1月16日水曜日

ジョブセレクタビリティ(R)(仕事自己選択力)

毎日寒い日が続きますね。

この寒い中、顧客、会社、チームに貢献するために頑張る営業社員に対し誇りに感じています。
「ジョブセレクタビリティ」とは 求人大手の「エン・ジャパン」さんが創られた言葉で
文字通り 仕事を自身で選択する能力のことを指します。



私は幸運にもエン・ジャパンの創業者で会長の越智様に随分かわいがってい頂き、沢山のアドバイスを頂きました。
その中でも最も印象に残ったのは 「経営者は偽善者になってはいけない偽悪こそ大事
何度も何度も教えていただきました。


越智会長が言っておられる偽善とは 「会社が社員を努力や能力に関わらず面倒を見るかのような」情報発信をすることで 社員が安心してしまい 社会に必要とされ続けるための自己啓発を止めてしまうことで長期的に成長が後退しやがて会社の業績が傾き、リストラなる可能性があり、、
安心して努力を怠った人材が転職時に非常に苦労することを指しています。


実は私も「社員とその家族を守れる環境」をつくりたいと考え起業した一人なので少なからず
会社さえ存続すれば社員を守れる、社員を守ると宣言することでみんな頑張ってくれるはずだと
信じていました。
(当然今での永続的な成長をめざし、社員とその家族を守れるようにしたいと考えています)


以前、越智様より「無条件に終身雇用を打ち出す会社のことをどう思いますか?」と問われ
当然「素晴らしいと思います 共感します」と返答しました。


その際「本当にそうだろうか?本当に未来永劫出来れば素晴らしいが、業績の良い経営者の驕りではないだろうか?」と言われて大変驚きました。


「もし澤田さんが優秀な成績を勤めていて全社員が無条件に終身雇用してもらえると伝えられたらどうなるだろう?
優秀で成果を上げている人材から見て頑張らなくても評価される人のせいで、自身の評価が不当に低くなっているのではないかと感じた場合 もっと評価してくれる会社への転職を考えませんか?」


一方成果を上げなくても会社に居れるとわかったあなたは今まで以上の努力は可能だろうか?
貢献している社員が去り、能力がない人がしがみ付くことで少しづつ会社の成長が後退し、
最終的に努力を怠った人材がその後どのような事になるかを考えればどれだけ悲惨だろうと
わかり易く教えてくださいました。


ジョブセレクタビリティを磨かなかった人たちが求職をすることが
どれだけ厳しいことかを考えれば安易に終身雇用を伝えるのではなく、
より厳しくハードルの高い仕事に挑戦してもらい続け、どの会社も求められる人材に育てることで社員の安全、家族を守れる環境を作ることになると教えてくださいました。


成果の追及やより高いレベルの仕事を社員に求めることは言うほうも言われるほうもストレスのあることですが将来、どのようなことが有っても必要とされる人材育成のためにやっていることを偽悪」と呼んでいます。


私も初めて聞いた時は正直厳しすぎる考えかと思いましたが、去年だけでも私たちがよく知っている会社の業績が傾き、リストラを敢行したのを目の当たりにしました。
名刺を出すだけで信頼してもらい、商談につながっていただけならば中小企業での活躍は
非常に厳しい事でしょう。


私たちの身近なことでは
色々な事情で弊社を離れ他の仕事についても活躍しているかつての仲間を見ても
厳しい営業職で身に着けた「セルフコントロール能力」「コミュニケーション能力」「業界知識」
などは役に立っているようです。


就活生の皆さんも、安定している会社に入って安心を勝ち取るのも素晴らしいことだと思いますが
「ジョブセレクタビリティー」を高められる仕事につき、自身の能力が将来を保証できる事こそ変化の速い時代に生き抜く知恵であることも参考にして就職活動を頑張ってほしいです。


勿論、弊社もジョブセレクタビリティを磨ける会社の一つです。


今月、来月と説明会をおこない、私も直接スピーチさせていただきます。
既存事業のことだけでなく、海外での事業についてもお話させていただきますので
是非おこしください。

お会いできることを楽しみにしています。










 

2013年1月9日水曜日

私の就活

本日は2014年春入社予定の会社説明会を大阪で開催しています。


寒い中、人生の中でも何度もない転機に真剣に取り組む学生さんとの出会いは
非常に刺激を受けますし、顧客にも求職者にも求められる会社になるために
付加価値をつけていく必要を感じます。

本年度から「エン・ジャパン」さんに掲載することでより、ベンチャー企業で自身を磨き、
成長することを望んでいる学生さんと会えることを期待しています。


私自身も、一度就活をしたことがあります。(随分イレギュラーですが・・・)
中学生の時から飲食店で働いていたこともあり、将来外食業界での起業を考えていました。

その中で、将来の開業のためには、どこかで修業すべしと考え
持ち帰り弁当屋さんだけにターゲットを絞り、かなり無理な就活をしていました。
理由はお酒を扱わないことと母親などの協力があれば若くても起業できる可能性があると感じたためです。(高校三年間は居酒屋だったためお酒を扱うビジネスは直ぐにはできないと判断)


電話帳から持ち帰り弁当店をピックアップして順番に飛び込み

「出店計画があれば僕を店長候補として採用していただけませんか?」

といきなり飛び込んで伝えまわっていたので面喰ってたのを覚えています。
幸い近くの繁盛店が隣町に出店を考えられていたのでご縁を頂き一年間店長候補として
お世話になりました。


その後、お店は完成したのですが、オーナーさんに呼ばれて他の方に任せる旨を伝えられ、
私の目論見は実現せずに退店することになりました。(今思うと妥当な判断)

当時は悔しくて悔しくて次の日から職安(ハローワーク)に毎日通い、自分で資金をを貯めて
隣に三倍大きい弁当屋さんを建てるという浅はかな目標を達成するための仕事探しを始めました。

つづく ?

最後に沢山ある会社の中からイメージワークスの説明会に来ていただいて
本当にありがとうございます。
もし、理念や理想に共感していただきましたら是非選考に進んでいただきたいです。

「最終面接での再会楽しみにしています」









2013年1月6日日曜日

新年のご挨拶


新年あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。
本年もどうかよろしくお願いいたします。


年末より若手マネージャーとマニラに渡り、今年より一緒に仕事をさせていただく経営者の方々との交流や観光など大変刺激的な時間を過ごしせました。

また普段深く話せていなかったことを現場のマネージャーと話せたことも大変良い機会だったと思います。
今後もスタッフと一緒に旅をしながら事業のアイディアを考えながら方向性の共有が図れればと思います。


現在、イメージワークスグループはフィリピンでの事業を準備していますが、そのきっかけは2011年秋に日経ビジネスの表紙に

「これからは VIPの時代」 と書かれていた記事を読んだことです。

VIPとは
Vietnamu 
Indonesia
Phikippines

のことであり、人口、平均年齢、人口増加率などからみて今後の世界経済をけん引するポテンシャルを持っている国々として紹介されていました。

その中でもフィリピンは英語を公用語にしていること、関西空港から3時間半であること、ちょっと危ないイメージでまだあまり投資が進んでいない事などから興味を強くもっちました。

その後、現地で事業をしている方に会いたいと考えていた時にお隣の会社である メディアウォーズ社の社長がマニラに行っておられる事をFacebookで見つけて厚かましくも出張に同行させていただきました。

それからたった一年で多くの先輩経営者との交流を通じて情報収集を進め、事業の立ち上げに道筋がついたことを本当にありがたく感じています。


本年はグループ代表として

1、組織の活性化
2.新事業の立ち上げ
3.採用活動

この三つに時間をかけていきます。

既に社内向けのあいさつで詳細は述べましたがまずは
既存事業をしっかり固めて、新事業と採用に時間をかけていきます。

来期の事業計画と合わせて組織及び評価の抜本的な見直しを図り
もっともっと熱く仕事が出来るようにみんなで作り上げていこう。



本年もよろしくお願いします。



  平成25年1月吉日 
                         イメージワークスグループ    代表  澤田賢二