Follow by Email

2017年7月7日金曜日

見込みのない事業からの撤退について

気が付けばイメージワークスは14期目となり スタート当初とは随分変化を遂げました。

2004年 創業時は ホームページ制作や営業に特化したコンサルティング
2005年 NTTの中期計画を読み光回線の拡販事業に参入し 一気に成長
2006年 分社化
2007年 西日本全域に支店展開 
2008年 不動産アライアンスによる通信サービス提供会社「スムネット」開始
2012年 社員数が100人を超えるが生産性は頭打ちが見えたため事業転換に動く
2013年 クラウド型名刺管理「Sansan」代理店となり初年度にトップの売上
2014年 「BaiduSIM」総代理店となり中国でSIMカードの越境EC を開始
2015年 光回線の販売を直販からパートナー展開へシフトし
      docomo ショップへ営業コンサルティング事業を開始
2015年 SIM事業をスピンオフし 「ジェイピーモバイル」を」設立
2016年 中小企業に特化した 「ESCO事業」を開始
      パートナー事業を拡大 (通信及び省エネ商材)

と 事業が成り立ったものだけでも色々やってきと感じます。

数か月でとん挫した事業は10はあると思いますが 今思い返せば絶対やるべきじゃなかった(ちゃんと考えれば勝ち目の無い勝負)も幾つもあります。

事業は作ることも大変ですが

「見込みのない事業からの撤退」

がベンチャー経営の肝だと考えています。

止めることで経営者の頭がクリアになり経営資源を新しい事にチャレンジできるようになります。

あきらめずトコトンやるのか 見込みのない事業と考え撤退するか
決めるのは判断難しいですが情熱が落ちたり、その事業に集中している経営者が一人もいない状態なら止めるほうが吉だと考えます

2017年2月22日水曜日

日本の人材戦略について

国や会社の成長に人材が欠かせない事は間違いないないですが
いよいよAIの時代となり パラダイスシフトが起こっていきます。
ゴールドマン・サックスは既にトレーダーの殆どをAIに置き換え
数十人が2人になったと先日報告しました。

社員や子供達にどの様な学びの機会を作るべきか
考えるとべきだとこの資料を見て感じました。

これだけ現状を捉え 課題を明確にし
今後何が起こるか予想した上で打つべき手を予測できる方
本当に尊敬します。
勿論この方の言っているようになるかはわからないが此処まで深く考えが及び一般の人にもわかる様に説明できる能力はとんでもなく大きな事だと思います。
私も経営者として 社員や株主、お客様に伝える事を今更ながら勉強したいと思います。

http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/shin_sangyoukouzou/pdf/013_06_00.pdf



-- iPadから送信

京都の春

先日 お茶屋さんのおかあさんより
もうおどりのチケットの予約が始まると連絡あり
春の訪れを感じました。

春の芸舞妓さんの舞台は是非一度体験して貰いたい京都の魅力の一つです。
最近はインターネット予約が出来る街が増えましたが
良い席はお茶屋さん、芸妓さん、一般の順番になりますので
各花街のホームページで時間を確認し 希望の時間に始まる
公演を選んで私にご連絡くだされば可能な範囲段取りします。

どの街も最終回はおどりの後に会食をいれる為に使われるので
沢山の枚数は難しいです。
平日の早い時間は取りやすいです。

北野をどり 3月25日〜4月7日(一日2回公演)
http://www.maiko3.com/
都をどり4月1日〜23日(一日4回公演)
http://www.miyako-odori.jp/miyako/.html
京おどり4月1日〜16日(一日3回公演)
http://www.miyagawacho.jp/kyoodori/


都をどり4月3日2回目 3枚
と入れておもらえると間違いないです

時々 街を間違って 違う街の歌舞練場に行ったり
時間間違えありますのでご注意を
あとお商売ではないので無茶は言わないでくださいね
(以前知り合いの社員さんから旅行会社の人と間違われいろいろありました 笑)

では さくら咲く京都でお待ちしております


-- iPadから送信

2017年2月11日土曜日

Toeic 280点の英語教師

今朝 新聞読んで久々に爆笑しました


府教委は9日、京都市を除く中学校の英語教員で国際的な英語能力試験「TOEIC」(990点満点)を今年度に受験した74人のうち、府教委が目標とする英検準1級に相当する「730点以上」を達成したのは16人と、約2割にとどまったと発表した。500点未満が14人おり、最低点は280点だった。
 国は次期学習指導要領で、中学の英語の授業を基本的に英語で行うことを盛り込む方向で、英検準1級程度の英語力を持つ英語教員の割合を来年度中に50%にする目標を掲げている。府教委は今年度、英検準1級以上に達していない50歳未満の中学英語教員約150人を対象に、受験料(1回4155円)を負担してTOEIC受験を促し、74人が受験した。今回、目標を達成できなかった教員には来年度に再受験させるという。
 府教委学校教育課の担当者は「がっかりする結果だった。個別の課題に対応した自習を促す。中学校教員が多忙な現状もあり、勉強できる環境づくりを学校にも求めたい」と話した。

ガッカリどころですか?

英語教師としてお給料貰うプロフェッショナルが
730点持ってなかったあかんでしょう
仕事の面接でもこれくらいは最低見られるでしょう

教える人が 500点以下とか生徒がかわいそうだし
京都だけじゃないとしたらこの国の教育に絶望してしまいますね。

280点の教師はどうやって教えているのか興味津々。

これでも立派に給与が貰えるとは、本当に不合理やね





朝日新聞より

-- iPadから送信

2016年12月31日土曜日

2016年 無事に終わりました ありがとうございます

2016年はイメージワークス事業転換に加えて ジェイピーモバイルの経営に力を
注ぎました。

立上げ当初から昨年まで 光ファイバー固定回線の販売を続けておりましたが
弊社社員による直接的な営業から 販売パートナーとの協業モデルに転換を果たしました。

「Sansan」「BaiduSIM」の総代理店として
素晴らしいブランド・プロダクツを信頼できるパートナーと共に
世の中に広めて行けることに誇りを持ち 2017年も事業拡大を目指します。


数年前から継続収益を増やす為の事業投資をしたことで
足元の収益は固まってきていますので
2017年はボリュームを増やす事で、社員一人当たりの生産性の向上を
KPIとする方針です。

先日、経営者仲間が社員一人当たりの給与水準を
経営目標にしていると聞いて 非常に心を打たれました。

利益を社員に還元する事は当たり前のようですが、
経営環境が変わった際のリスクが頭から離れず
利益の還元をどこまでしても良いのか中々判断できない自分がいます。

見込みの無い事業からの撤退
伸び代のある事業への集中投資
経営者も含む社員への教育

目標達成の為に経営判断して行きます。

毎日会社の為に頑張ってくれている社員
切磋琢磨して勇気付けてくれる経営者仲間
やりたい放題の私をサポートしてくれる家族

に感謝して来年を迎えたいと思います。

2017年も宜しくお願い致します





2016年2月29日月曜日

フィリピンに新会社設立いたしました

2016年2月26日 
フィリピン マカティー市において EIJ Tranig and System ,Inc の会社設立お披露目会をささやかながらさせていた来ました。

当日は、経営者の友人、弁護士さんなどに集まっていただき大変感謝しております。

私がフィリピンが縁を作ることになったのは今から4年少し前の2011年の12月だったと記憶しています。
その数ヶ月前に「日経ビジネス」の表紙に「これからは VIP」の時代との文字が書かれておりました。

VIPとは ベトナム インドネシア フィリピンの事を指し
平均年齢23歳 人口が1億人に迫っていること(現在はすでに超えている)英語が公用語であること
などが非常に魅力的に感じ行ってみることにしました

幸いオフィスがお隣のメディアウォーズ社の今井さんがフェイスブックでマニラに行かれていることを知っていましたので
出張のお供をさせて頂きフィリピン、マニラに来ることができました。
その後、数社の現地企業に出資しするなどして情報を人脈を得ることができ
先輩経営者などにご協力いただき設立にいたりました。

今回の事業は 人材育成及びシステムにイースト社とフィリピンでの人材事業を10年以上の実績があるARKJAPAN社との
共同出資の形で設立いたしました。
弊社の役割として インバウンド向けデータ販売SIM及びモバイルWiFiルーターの卸事業と
フィリピンから日本に働きに来る実習生などに安心して生活できる基盤作りとして
英語でのサポートが受けられるモバイルWiFiルーターなどの提供を行うつもりです。

 代表を務めさせていただく百田は二年位くらい前にセブのオフィスで採用した現地採用の日本人です
彼女は10年以上の海外居住経験があることと、誠実に物事に取り組むこと、英語力、積極性をみこまれ
今回の登用されています。
初心貫徹でまずは初年度事業の基盤作りを果たしてもらえることを期待しています

スタートはまずARK社の人材事業との連携から人材事業を深堀していく予定ですが
今後、さらに大きな事業に発展させるべく人材領域の業務効率化ソリューションやまだ公表できませんが
非常にニーズの見込まれるサービスの投入を計画しています。

まだ出来たての会社ですが、是非色々な会社、人と交流しお互いの強みで足りないところを補完しながら
共に成長できればと思っています。

今後ともどうかよろしくお願い致します。

このボードメンバーでスタートしたしました。


アークJAPAN株式会社にゆかりのある 皆様、弁護士さんもお越しいただきました。

ハロハログループ代表岡田さん、RYOAKITAXI 濱田社長 ピアズ桑野さん ハロハロホーム社長のす鈴木さも駆けつけていただきました
代表の百田により会社概要、事業内容の説明をさせて頂きました。

特別なブランデーやシャンパンの差し入れもいただき感謝、感謝です


2016年2月22日月曜日

ホームメージをリニューアルいたします

現在、ホームページリニューアルに向け準備しております。

制作することでこれからのイメージワークスを考える良い機会になりました。
それにしても、創業より12年間かけて随分違う領域に踏み込んできたなと感じております。

起業2年目から取り組んだ光回線獲得の営業代行で成長し、
クラウド型名刺管理サービス「Sansan」の総代理店
中国検索エンジン「Baidu」社が販売する Baidu SIMの総代理店として
インバウンド事業にも参入いたしました。

弊社の強みは情報通信サービス分野の営業、販売領域ですが Baiduとの取り組みのなかで
インバウンド広告にも力を入れています。
中国人のほとんどの方が使っている百度地図(google mapのようなもの)が2月から
日本で使えるようになり、店舗などの情報を入れていくサービスが間も無く始まりますのでこちらも非常に楽しみです。

3月中にリニューアルいたしますので宜しくお願い致します